ご相談の流れ

ご相談いただいてから、任意売却が成立するまでにかかる時間は平均で1~3ヵ月程度です。
ただし、債務の状況やご家族の都合などにより、大きく異なりますので、あくまで参考程度とお考えください。

*滞納していない場合は、2からの流れとなります。

1. 取り扱い金融機関の公庫担当から、督促の電話や郵便が届く

住宅ローンの滞納が始まりますと郵便物および電話による督促が届くようになります。
滞納を続けますと「期限の利益」を喪失し法的手続きがとられるようになり、やがて競売に向けて手続きが行われますので、競売の手続きになる前のできるだけ早い時点で手を打つことが大事です。

2. 任意売却専門業者に相談

相談された業者は、先ずはご依頼主様の返済状況・その他債務の状況を確認いたします。
依頼を受けた業者はご依頼主様の状況やご希望にあわせて売却以外の方法も含めた選択肢を提案いたします。物件の販売価格の調査を行います

3. 任意売却の専属専任契約をします

お客様と当社で物件販売の契約を結びます。
(※滞納6ヵ月で事故扱いとなります。)

4. 住宅支援機構に書類を提出

●任意売却に関する申出書 ●専任媒介契約書 ●売出価格確認申請書
・価格査定書・実差チェックシート・路線価図・周辺地図・住宅地図・物件写真

5. 住宅支援機構より売出価格が提示

6. 販売活動開始

当社で業者間物件情報システム『レインズ』などへ積極的に登録を行い販売をします。
依頼された物件の契約を可能な限り早くするために、『Yahoo不動産』,『Home's不動産』,『新聞折り込み広告』,『住宅情報誌』および『販売会』を積極的に行います。

7. 購入希望者への内覧

8. 購入希望者から買付証明書を受理

9. 売買契約の締結

居住している場合には引越し先を探して頂きます。

10. 債権者との交渉

抵当権抹消の交渉・差押えの取下げ、「配分表」の作成をします。