任意売却Q and A

債務整理と任意売却の違いは?

債務整理とは、このままでは完済や支払いの継続が難しい場合、法律に則り、または、当事者との話合いで、支払い方法を整理したり、債務を圧縮、または帳消しにすることを言います。一般的には、司法書士や弁護士などに依頼します。一方、任意売却の場合は、住宅ローンが払えない状況で、住宅ローンの残債や、売却後の引越費用について等の整理を、物件の売却によって行い、生活の再スタートを気持ち良い状態でむかえることです。

任意売却後も今のところに住み続けられますか?

任意売却、つまり"売却"をするわけですから、基本的にあなたの住宅は人手に渡ってしまうことになり、住み続けることはできません。
ただし、一定の条件を満たせば、『リースバック』または『買戻し』という方法で住み続けられる場合もあります。

費用はいくらかかるのですか?

ご依頼者からは一切いただきません。
仲介手数料・抵当権抹消費用・差押え解除費用・滞納管理費、修繕積立金等は債権者から頂きます。費用についての詳細は『任意売却にかかる費用』をご覧ください。

任意売却すると住宅ローンは払わなくていいの?

いいえ、払わなければなりません。
但し、競売で落札される場合より、任意売却なら高額で売却できる可能性が高く、結果として住宅ローンの残債務が減少します。
話し合いの上でたとえば月々1万円ずつ、または2万円ずつ、などのようにその方の収入と生活状況に応じて、分割返済が可能となったり、柔軟に対応してもらえます。

住宅ローンの月々の支払いを減らすことは可能ですか?

可能です。
各債権者(金融機関)に支払いの条件を交渉し月々の支払いやボーナス払いの金額変更を行えます。但し、債務の免除はできません。
期間の延長をして月々の支払いを抑えますので以前より債務額は増えます。
また、支払い条件を変更した後に滞納すると住宅ローンの残債務を一括返済で請求される可能性があります。

債務整理と任意売却の違いは?

任意売却とは不動産についている抵当権(住宅ローン・不動産担保ローン・事業者ローン)の支払いが滞納し、債権者(ローン会社)が競売で処分する前に、債権者の同意を得て売却することです。詳しくは『任意売却とは?』をご覧ください。